>

意識して認識して

リサイクルの意味

再利用を意味するリユースとリサイクルは、ちょっと似ていませんか。
実際にあまり区別がつかないまま使っている人もいると思います。
二つの違いは前述のように、不要になったものを一度資源のところまで加工するかどうかです。
ペットボトルを再資源化してペットボトルや別のものを作ったり、紙ゴミを再資源化してトイレットペーパーにしたりという事はリサイクルになるわけです。
例えばゴミの分別に「プラスチックゴミ」が分けられている地域がありますが、これはプラスチック製なら何でも良いわけではなくて、「容器包装リサイクル法」という法律で決められたリサイクルすべき製品や容器などについているリサイクルマークが付いているものを分別します。
再資源化できるものとできないものがあって、今製造されているプラスチック製品や包装容器などは、リサイクルできるようになっています。
作る側と使う側の協力があって、リサイクルがなされるわけですね。

リユースが一番身近です

私たちに一番身近なエコは、リユースではないでしょうか。
要らなくなったものを売ったり引き取ってもらうリサイクルショップは、もちろんリサイクルするものもあると思いますが、リユースすることが多いかと思います。
古着や家電など、まだ使えるものはきれいにしたりちょっと直してから安く売って、また同じ用途で使ってもらいます。
また、リユースの代表格といえば、アンティーク品でしょうか。
こちらは古いからこそ価値があり、値段も物によっては破格になります。
置物や家具など、代々長く使われているものもあったりします。
物があまりなかった昔は、大切に使うのが当たり前でした。
貴重なものでも、そうじゃなくてもつつましくリユースしていた、今考えると先進的な文化だったのでしょうね。


TOPへ戻る