>

エコに貢献したい

すっかり浸透した3R

平成になってから、資源を大切にしたり無駄をなくすといった動きは活発になり、今では当たり前になりました。
会社などの組織だけでなく、個人にも求められています。
社会的にも、法律もそうした整備がされ、私たちの認知度も高まったと思います。
一番有名な言葉は3Rではないでしょうか。
ここで、整理しておきたい3Rをちょっとおさらいしましょう。
リデュース、リユース、リサイクルの頭の文字を取った3Rは、それぞれ(ごみを)減らす、再利用する、再資源化する、という意味です。
毎日の生活でどうしても出てくるゴミや不要になったものは、できるだけ分別して、本当に「ゴミ」にしかならないものだけを捨てるだけでもだいぶエコになるので、日ごろから意識しておくといいですね。

あまり聞かない「リデュース」って?

再利用とリサイクルと並び、3Rの一つであるリデュースは、ちょっと聞きなれない言葉ではないでしょうか。
ゴミを減らすリデュースは、ゴミの量を減らすだけでなく、無駄にしないという意味もあります。
コーヒーショップにマイマグカップや水筒を持参することで紙コップゴミを減らす、マイ箸を持ち歩くなどが代表的なものでしょうか。
だいぶ浸透してきたショッピングバッグは、買い物袋を無駄に貰わないようにする、リデュースと、同じ袋を繰り返し使うリユースの二つを叶えた優れものです。
水を出しっぱなしにしないとか、電気をこまめに消すといったことも、リデュースの一つです。
ゴミだけの事ではなくて、他の様々な資源について言える言葉なんですね。


TOPへ戻る